カードローン契約についての質問

○カードローン契約に必要な書類は何でしょうか?

借入の契約には、たくさんの必要書類を整えるというイメージがあります。
カードローンの契約では、実印や印鑑証明証までは必要されることはまずありません。

 

原則必要となるものは「本人確認資料」で、これはどこの会社でもまず必要になるでしょう。
本人確認書類には「運転免許書」「健康保健証」「住民基本台帳カード」「パスポート」などがあります。
このうち契約時点で有効なものが必要になります。
また学生の場合には「学生証」も有効になりますが、例えば「病院の診察カード」や「レンタルショップの会員証」などは、本人確認書類にはなりません。

 

申込金額によっては、収入証明書の提示も必要になります。
主に以下の場合には、所得証明書、源泉徴収票などの書類を準備しなくてはいけません。
・他社を含めた借入金額が100万円以上の場合。
・新規申込金額が50万円以上の場合。

 

必要書類は原本ではなくコピーでも可能としている先が多くなっています。
またインターネット申込では、パソコンに取り込んでメールなどで送信すると確認できる先もあります。
必要書類が準備できなければ、その分借入できる時間もかかりますので確実に準備するようにしましょう。

 

○カードローンの利用中に離婚してしまいました、契約は続けられますか?

長い人生の中では、何が起こるのか分かりません。
主婦の方でカードローンを利用中に、止むなく離婚してしまい就職することが難しい場合もあるでしょう。
状況の変化は、まずカードローン会社にすみやかに連絡を行う必要があります。

 

カードローン会社としては、返済不能になり貸倒されることは避けなくてはいけません。
また顧客保護の観点からも、むげに契約解除を迫ることはないでしょう。
返済が困難になった場合、その理由にもよりますが、返済条件の変更に応じてくれることも十分に可能です。

 

もちろん新規借入はできなくなりますが、それも返済負担をこれ以上増やさないための手段です。
場合によっては、一定期間利息だけを支払う(元金据え置き)の措置もとってくれます。
その期間に生活をたてなおして、返済できる体制を整えましょう。

 

最悪なのが、会社に報告しないで放置することです。
信頼関係を壊すだけでなく、会社側も相応の手段を取らざるをえません。
契約中の状況の変化は、必ず速やかに連絡して相談するようにしましょう。

 

○インターネットだけで契約できるカードローンがあると聞いたのですが?

近年のインターネットの急速な普及は、私達の生活を大きく変えてきました。
カードローンも今や、インターネットで申込から契約、借入まで完了させることができる時代になっています。

 

ホームページから必要項目を入力するだけで申込完了、審査が進んでいきます。
通常は24時間受付可能で、自宅にいながらカードローン申込が可能になっています。
審査結果もメールなどで回答されます。

 

このようなWEB申込では、契約自体もパソコンを利用することができるようになっています。
必要処理をスキャンしたり、映像で取り込んだりして送信することで契約を完了させるのです。
借入も指定した金融機関の口座に振込を指定することで、まさしく「来店不要」で借入が完了してしまいます。

 

最近では、同様の手段をスマートフォンでも利用することができるようになっています。
まったく便利な世の中になったものです。

極度額とカードローンの関係について

直接店頭で契約をするという方法が一般的だった融資ですが、最近では融資をする会社から受け取ったカードを使うことで簡単に現金を手に入れることができる融資方法もあります。それがカードローンで利用者数は年々増加していることからも、認知度が高まっていること、人気が高いことが良く分かると言えます。

 

氏名などの情報を記入し、審査が終われば誰でも簡単にカードを手に入れることができるのですが、覚えておきたい言葉として極度額というものがあります。こうした融資で良く聞くのは利用限度額という言葉ですがそれとはやや意味が異なるものです。

 

利用限度額というのおは、そのカードを使って引き出すことができる現金の最大額のことを示しており、100万円と提示されたら、そのカードで引き出せる最大の額は100万円ということになります。実際に借りることができる額だと考えておくと良いと言えます。

 

それに対して極度額というのは融資を受けることができる最大の額を示しています。融資を受けることができる額であって、実際に現金として利用できる額ではないということを把握しておく必要があります。こうした極度額というのは利用限度額と併せて伝えられることが多く、契約書などに記されている場合がほとんどです。

 

はじめてカードローンを利用する場合、利用限度額と極度額には差がありますが、その後何度もローンを利用して、返済をしていくと返済実績を積んでいくことができます。返済実績はその名前の通り、返済をしたという事実を表したもので、これが多ければ多いほど、融資を申し込んでいる人間の信頼度も高くなるということができるのです。

 

ですから返済実績を積むことによってこの極度額と利用限度額の差を埋めることができるのです。信頼関係が構築されると、一度に融資してもらえる金額も増えますし、カードローンは自分の使い方次第で変化していく特殊な融資方法だということができるのです。